都内着物着付け出張致します
麻くぼきもの出張着付

いよいよ七五三シーズンになりましたね!
お陰様でご予約もドンドン頂いています!

今日は、お母様のお召しになるお着物について書いてみたいと思います。

定番は、訪問着や付け下げ、紋付色無地などの略式礼装ですよね。
お祝いの場に相応しい、格式のある装いです。

ですが、今回、私が提案したいのは「小紋」です。


小紋は、いわゆる「おしゃれ着」であり、改まった場には相応しくないことが着付けの教科書に書いてあったりします。

ですが、七五三は飽くまで主役はお子様。
おしゃれ着といわれる小紋であっても、織りの着物である紬とは違い、染めの着物である小紋は少し改まった場によく似合うものです。洋服に例えるなら、訪問着はカクテルドレスやスーツに匹敵する格の高さですが、小紋はきれい目なワンピースのようなもの。

主役であるお子様を引き立てるのにちょうど良いお着物だと思います。
出張着付けのお客様でも、小紋を着用されるお客様は結構いらっしゃいます。

実は、着物に慣れ親しんでいる京都の方に七五三に訪問着を着るというと驚かれることもあるとか。

もちろん、地域による慣習もありますし、決して訪問着を否定しているわけではありません。
洋服だって、スーツを着たり、ワンピースを着たり、両方ありますからね。

ただ、訪問着はないけど、小紋ならお持ちの方は結構いらっしゃいますし、わざわざレンタルしたり、着物を諦めることはないと思いますよ。

せっかくのお祝いのの機会ですから、一度着物箪笥を覗いてみてはいかがでしょう。
そもそも小紋がどんな着物か分からない、どうしたら良いのー!というときはお気軽にお問い合わせください。写真画像を送って下されば、出来る限りのアドバイスを致します。

小紋の着付けも、喜んで参りますよ♪


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM